1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫青汁の原料について

青汁の原料について

ケール

Kale
青汁の原料・ケールの画像

青汁と言えば必ず入っているイメージが付いた『ケール』。

地中海沿岸が原産で、キャベツの原種のヤセイカンラン B. oleracea に近い。温暖な気候であれば一年中栽培可能で、収穫量も多い。キャベツと違って結球しない。栄養に富み、ビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも多い。青汁の材料として利用されるほか、近年はサラダや炒め物などの具材としても使われる。

ケールを含むアブラナ科の植物は、S-メチルシステインスルフォキシド (S-methylcysteine sulfoxide) を含み、反芻動物の腸内での化学反応の結果、ジメチルジスルフィド (dimethyl disulfide) へと変化し、牛や羊などでは溶血性貧血を起こす。
β-カロテン・ルテイン・ビタミンC・カルシウム・食物繊維
また、緑内障予防の効果が指摘されている。
wikipediaより

青汁先輩

美容や健康に良いとは聞いていましたが、緑内障予防にも効果があるとは知りませんでした!やるやんケール!

大麦若葉

青汁の主成分として目にする『大麦若葉』
ケールと比べると苦みが少なく飲みやすいので、粉末の青汁ではメインになりつつある。
カルシウム、鉄、カリウム、亜鉛、ミネラル、マグネシウム、、β−カロテン、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維などが成分として入っています。
SOD酵素も含まれており、これは老化防止に役立つ。

青汁先輩

ケールと大麦若葉が入ってるとすごい効果がありそう!!

明日葉

明日葉は日本が原産のセリ科の植物です。名前の由来は有名ですね。今日摘んでも明日には新しい葉をつけているという生命力の強さは縁起もいいです!
食物繊維やカリウム、ビタミンAやB1、B2、C、そして鉄分などが豊富に含まれています。

青汁先輩

勉強すると植物も栄養価が高いものがあるのですね!!こりゃあ 元気になるわけだ!